自毛植毛の値段と育毛について調べてみました。悩んでいる方はぜひご覧ください。

自毛植毛の値段っていくらなの?

植毛の手術について

植毛とは、その名前の通り、頭皮に直接自毛を植え付ける事です。この技術は日本で生まれ、アメリカで進化を遂げ、そして現在全世界で行われています。

 

頭皮に毛を移植するという行為は、医療行為に当たる為、クリニックなどの医療機関で施術を受ける事になります。施術の際に使う毛は、自身の毛もしくは人工の毛を使って行っていきます。

 

自身の毛を使う自毛植毛の方が、健康な毛であり、毛根から移植する為に毛髪の再生もしやすく、定着率も高くなります。そして、定着するとその後は、普通の毛として成長を続けます。

 

逆に人工の毛は、抜けると生えてこなくなる他、デメリットもあるとされますが、研究が進むにつれその素材の質は向上しています。現在では医療技術が進んできた為、薄毛で悩む人は、ほとんどの場合自毛を植毛する事を選択する方が多いようです。

 

いつまでも若さを保ちたいのは男も同じ!

 

どういった手術なのか?

 

薄毛の人でも大抵の場合、後頭部の毛髪は薄毛の影響を受けにくいそうです。

 

この後頭部の毛根が元気なところから、毛根(毛包というそうです。)ごと切り取って、つむじや額の薄毛部分に移植するのが植毛です。

 

現在の植毛の移植手術は、大きく分けてFUT法とFUE法があります。

 

FUT法

 

FUT法は昔からある植毛法で、世界中で最も行われている移植方法です。

 

フォリキュラーユニットトランスプラテーションと言う意味で、フォリキュラー・ユニットは毛包単位と意味、トランスプラテーションは移植という意味になります。

 

フォリキュラー・ユニットとは、通常髪は1本〜4本の毛のグループで生えていて、その毛根この単位のことだそうです。

FUTは後頭部から皮膚ごと切り取り、髪の毛を毛包単位で切り取って移植する方法です。髪の毛だけでなくその周辺の組織もまとめているので、定着率が高く仕上がりも自然です。

 

切り取る皮膚の範囲ですが、頭皮の固さによって切り取れる範囲が変わってくるので、一概に何センチとは言えないそうです。

 

FUT法は、移植する医師の技術が必要ですので、どこの病院でもできる訳ではありません。

 

後頭部に傷跡が残るので、いくら髪で隠れるとはいえ、躊躇する人も多かったのですが、近年では医療技術の発達により、ほとんど目立たなくできるようになったそうです。

 

FUE法

 

フォリキュラーユニットエクストラクションと言う意味で、フォリキュラー・ユニットは毛包単位と意味、エクストラクションは抜き取るとか抽出という意味になります。

 

FUE法は、注射針のような穴のあいたニードルの機械を使って移植する手術で、毛包を一つずつ移植していくので仕上がりの自然さはかなり高くなります。

 

またニードルを使うことで、後頭部に線上の跡が残らず、ニードルで切り取った傷跡も目立たず、見た目を気にせず暮らすことが出来ます。

 

ただし、細かい作業になるので医師にとっても患者にとっても負担が大きく、長時間の手術となります。

 

腕の未熟な医師に任せてしまうと、期待する結果が得られません。そして費用もかなり高額です。

 

この移植術も、信頼できるクリニックに相談するのが良いでしょう。

 

FUE法【機械式】

 

機械式植毛は、ニードル手術を機械で行う植毛法で、株分け・植え込みという作業を医師ではなく機械が行ってくれる手術です。

 

専用の機械があるところでなければ出来ない移植ですが、医師の腕や人数に関係なく、一定の質を保つことが出来ます。

 

ただし、機械ゆえに臨機応変な作業と言うのは難しく、患者の状態に合わせて変化させることはできません。

 

人口毛植毛

 

通常の植毛以外にも、人口毛を植毛する方法もあります。人工毛植毛はナイロンなどの合成繊維でできた髪の毛を移植する手術です。

 

自分の髪の毛を使えば、自然な見た目になることが出来ますが、移植する毛髪の量には限界があります。

 

。しかし人工の髪の毛であれば、抜けることも伸びることもありません。いつまでも同じ仕上がりです。

 

それに薄毛が進行している人は、移植する髪の毛がないので、人工毛に頼るしかないのです。

 

ただし、自分のものではないということで異物として拒絶反応がでることもあります。

 

定期的なメンテナンスも必要です。特別な理由がない限り、あまりオススメはできません。

 

オススメはどの植毛法?

 

オススメですが、費用だけ考えたらFUT法(皮膚を切り取る)、痛みを少なくしたいのであればFUE法(ニードル式)ではないでしょうか?

 

FUT法(皮膚を切り取る)の手植え手術の場合は、費用が多少安いのがメリットです。数日の痛みと傷が残るのがデメリットです。

 

どちらの移植方法も、細やかな技術を持って施術をする事ができますが、このあたりはクリニックで相談すると良いと思います。

 

ちなみに、実際に移植手術を行っていく場合、まずは洗髪から始めていきます。

 

ドナー採取のデザインを決めたら、消毒、麻酔を行い、実際にドナーとなる頭皮を切り出していきます。

 

そして、その切り取った頭皮を、1つの毛根づつ株分けしていく事になるのですが、手作業で行いますので、時間が掛かります。ですので本人は、この間は休憩時間となります。

 

株分けが終わると、次は毛を植える部分に麻酔をし、穴をあけ、手作業で毛を植えていきます。その範囲にもよりますが、毛を植える手術にかかるのは60分〜120分前後は必要となってきます。その後、固定し包帯などを巻いて、この日の手術は完了となります。

 

開始から終わりまで、少なくとも4時間半から5時間程度は考えておく必要があります。ただ、これで完全に終わりという訳ではなく、2〜3日はガーゼや包帯が必要になりますから、植毛の手術を行う場合、そのタイミングも大切になってきます。

 

医療技術の進歩で痛みや腫れは緩和されました!

 

FUE法(ニードル式)の場合ですが、費用は多少高めになります。しかも医療技術の進歩により、画期的な施術方法がたくさん出てきています。

 

FUE法の植毛方法は、こういった痛み等を軽減するために、毛根1つづつを機械で切り取って、植毛していくのです。傷はニードルの後だけなので、かさぶたになる程度です。これならば皮膚を丸ごと切り取る必要はなく、傷も目立ちにくいのです。

 

従来の手作業で行っていた、皮膚を切り取って毛根ごと一株づつ取り分けていく方法にくらべて、移植後の患者さんの身体の負担はだいぶ軽いです。

 

なにかしらの手術をした事がある方ならわかって頂けると思うのですが、術後の麻酔が切れた後の何日間は、腫れと痛みで通常の生活に支障が出ますよね。

 

めだたない方法ならこちらがオススメです!

 

費用はどのくらいかかるのか?

 

このような手術を行うため、費用も結構な金額になります。植毛を行う面積や本数によって金額は異なりますが、1000本で400株【植毛は本数ではなく1つの毛根から複数の毛髪が出ている為株数で金額が変わります。】程度なので50万円〜でしょう。5000本クラスだと2000株位なので200万円位にはなると思います。

 

また、金額だけで判断するのではなく実際に相談に行って、施術する方法や時間など、自分の納得の行くクリニックで植毛をしてもらう事をオススメします。参考までに、自毛植毛をしている各クリニックの金額をまとめてみました。

 

AGAルネッサンスクリニック

アイランドタワークリニック

聖心美容クリニック

親和クリニック

基本料等

0円

216,000円

0円

216,000円

1000株あたりの単価

888,000円

864,000円

880,000円

900,000円

1株あたりの単価

888円

1,080円

880円

900円

1本あたりの単価

444円

540円

440円

450円

 

植毛手術は自然にしっかりと毛を増やせるので、髪の悩みを解決したい場合にお勧めです。どこのクリニックもしつこい勧誘なども無く、差出人があまり分からないようにDMを送ってくれるので、ぜひ問い合わせだけでもしてみる事をオススメします。

 

私も相談に行きましたが、非常に印象は良かったですよ。

オススメの植毛クリニック

オススメの植毛クリニックを掲載しておきます。ご自分に合ったクリニックをお探しください。

 

ほとんどが都内に行かなければ施術できませんが、施術の特殊性を考えたら、症例数の多い専門のクリニックへ行く方が良いでしょう!

 

 

親和クリニック アスク井上クリニック アイランドタワークリニック

https://shinwa-clinic.jp/

 

世界で最も多く薄毛の悩みを「根本的に」解決しているのは、自分の毛髪を移植して再生する自毛植治療。親和クリニックは自毛植毛のトップシェアクリニックを牽引してきた医師が、豊富な実績を持つ医師・スタッフを集結させて開院した理想のクリニック。

 

約30,000症例を超す実績を持つ医師が集結しています。研鑽された先進技術と一人一人の患者様の思いを大切に、「カラダに優しい医療」をご提供しています。

https://asc-cl.jp/

 

数々の植毛医を指導してきた井上院長は、AGA(男性型脱毛症)に限らず、どのようなタイプの薄毛治療に精通しており、特に「生え際」の移植デザインは業界一とも言われています。

 

また、他の植毛クリニックで植毛をされた方々の修正手術や追加手術なども数多く手掛けており、患者様の満足度もとても高い医師でもあります。一般の方々は勿論、数多くの芸能人、著名人からの信頼も厚いまさにレジェンドドクターです。

https://ilandtowerclinic.net/campaign/

 

アイランドタワークリニックグループは、常に高水準の医療技術が提供できるように、国内トップクラスを誇る先端の医療設備・施設・充実の医療スタッフ体制を整えております。

 

当院の医療植毛技術i-ダイレクトシステムは、そうした高度な先端医療技術のひとつであり、多くの薄毛に悩まれている方の根本的な悩みの解消を実現しております。

KM新宿クリニック AGAスキンクリニック ウェルネス ビューティー クリニック 大阪院

FUERS植毛センター

http://www.fuers.net/

 

当院で行うヒュエルス植毛は、「増毛効果のスピード」「仕上がりの自然さ」「痛みや傷跡の少なさ」を実現するために開発された日本トップクラスの技術です。

 

自毛植毛は医療行為。信頼できる医院を選びましょう。

キャンペーンバナー

https://www.agaskin.net/

 

AGAスキンクリニックは、発毛・育毛治療に特化したAGA治療専門病院です。
薄毛、抜毛、男性型脱毛症でお悩みの方は、専門医在籍の当院で治療が受けられます。

梅田美容山本クリニック 毛髪再生センター

http://wbc.or.jp/

 

年々進化する”メスを使わない”自毛植毛<ユニカルFUE法を採用> 自毛植毛と言えば、これまので主流はメスで着るFUTだったのですが、最近はメスで切らないFUEが注目を集めており、今や植毛のスタンダードになりつつあります。

 

後頭部の皮膚を切除し、移植株を作るFUTに対し、FUEでは極めて細いパンチで毛髪周りの皮膚をくりぬいて移植株を作るのが特徴です。

ヨコ美クリニック TOM CLINIC 湘南美容クリニック

 

https://www.yokobikai.or.jp/

 

自毛植毛のヨコ美クリニック新規無料相談・来院募集プログラムです。

一度の手術で7000本のメガ植毛が可能なヨコ美クリニックは、25年以上の実績を持つ植毛・自毛植毛の専門クリニックです。

 

薄毛に悩む方に世界トップレベルの植毛・自毛植毛の毛髪専門治療を行っております。 当院では医師免許がないカウンセラーではなく医師がカウンセリングを致します。

 

http://www.tom-clinic.com/

 

本気で生やしたいなら【医療】×【発毛】のTOMクリニックへ!他の民間・医療施設で成果が出なかった方が続々来院されています!
☆☆【New】ARTAS導入しました!☆☆
☆☆無料カウンセリング実施中☆☆
□予約の約9割が来院に繋がっています。
□新橋院には東京・埼玉・栃木・神奈川・千葉など関東一円、梅田院には大阪・京都・滋賀・和歌山など関西一円から来院されています。

 

https://www.s-b-c.net/

 

『AGA治療(投薬治療)』~『メソセラピー』~『自毛植毛』まで幅広い治療を取り扱っています。

 

AGA治療などを専門として行っているクリニックは多数存在しますが、AGAルネッサンスクリニックは『患者様の幅広いニーズに対応した治療の提案』が可能です。

トップへ戻る